2015年

4月

14日

気になる近日発売のビジネス書【4/14】

リーン顧客開発 ―「売れないリスク」を極小化する技術 (THE LEAN SERIES) リーン顧客開発 ―「売れないリスク」を極小化する技術 (THE LEAN SERIES)
シンディ・アルバレス エリック・リース

オライリージャパン 2015-04-25
売り上げランキング : 34053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■読書犬ブックの評価

 

タイトル:★★★★☆

著者実績:★★★★☆

評価予想:★★★★☆

 

■アマゾンの内容紹介より


「顧客が本当にほしがるもの」を理解していなければ「誰も買いたがらないものを開発してしまう」リスクが高まります。
顧客開発は、仮説と検証を繰り返すことで顧客を理解し、適切なセグメントに向けた製品を迅速に開発する手法です。
本書は顧客開発のプロセスにおいて「構築・計測・学習」のフィードバックループを実践するための書籍です。
ターゲット顧客のプロフィールをマッピングする方法から、顧客の行動背景や課題を明確にするインタビューのコツまで、顧客開発を行うための手順を具体的に解説します。
「リーンスタートアップ」を実践したい人、必読の一冊です。


■著者について


Cindy Alvarez (シンディ・アルバレス):顧客理解を、競合に勝つための強みに転換させることを得意とするプロダクトマネージャ。Yammer(マイクロソフト)でUXとプロダクトデザインのディレクタをしている。Fortune 500企業に選ばれるスタートアップを数多く支援し、顧客開発を企業文化と製品開発プロセスに根付かせている。


■目次


本書への推薦の言葉
エリック・リースによるまえがき
監訳者まえがき
 はじめに

1章 なぜ顧客開発が必要なのか
 1.1 最初の課題はオフィス内にある
 1.2 顧客開発とは何か?
  1.3 リーン顧客開発とは何か?
  1.4 顧客開発と誤解されるもの
 1.5 顧客開発はなぜ必要なのか
 1.6 成功確率を高めるには?
  1.7 顧客開発についての FAQ
 1.8 顧客開発を効果的に実践しよう
 1.9 次のステップ:さあ、始めよう

2章 どこから始めるべきか?
  2.1 演習1:想定の明確化
  2.2 演習 2:課題仮説の記述
  2.3 演習 3:顧客プロフィールのマッピング
 2.4 次のステップ:ターゲット顧客を見つける

3章 誰と話をすべきか?
  3.1 製品を開発する前にどうやって顧客を見つければ良いのか?
  3.2 エバンジェリストユーザーの重要性
  3.3 人を動機づける 3つのこと
 3.4 どのように顧客を見つければ良いのか?
  3.5 どのようにインタビューを実施すべきか?
  3.6 フォローアップ
 3.7 インタビューのトラブルシューティング
 3.8 次のステップ:顧客開発インタビューの準備を整える

4章 何を学習すべきか?
  4.1 顧客開発の基本的な質問から始める
 4.2 顧客は自分たちが何を欲しがっているのかを知らない!
  4.3 何を聞くべきか
 4.4 次のステップ:顧客開発インタビューの実践

5章 .オフィスから飛び出せ
 5.1 模擬インタビュー
 5.2 記録すべきか、せざるべきか
 5.3 適切なメモの取り方
  5.4 インタビューの直前
  5.5 最初の 1分間
  5.6 次の 1分間
  5.7 会話の流れを保つ
 5.8 脱線は生じる
 5.9 「欲しい物リスト」は避ける
 5.10 製品仕様についての話を避ける
 5.11 話が長引いたとき
 5.12 最後の数分間
  5.13 インタビュー後
  5.14 オフィスを飛び出せ、今!

6章 検証済みの仮説はどのように見えるのか?
  6.1 健全な懐疑主義を保つ
 6.2 メモの管理
  6.3 チームを招集して新情報を共有する
 6.4 どれくらいの数のインタビューが必要か?
ほか

7章 実用最小限の製品をどのように開発すべきか?

8章 既存顧客がいる場合の顧客開発

9章 継続的な顧客開発

 付録 効果的な質問
 索引


 読書犬ブックの成功法則

1.本物のビジネス書を読む

2.記憶に貼り付ける

3.素直に実行する

 

 

応援してね!

本革製イヤホンジャックアクセサリー スマホワンチャン スコティッシュテリア VANCA CRAFT (日本製 新品 職人の手作り)